物理学科概要

ホーム > 物理学科概要 > 物理学科概要

物理学科概要

学科長あいさつ

物理学の未来を拓こう


 物理学は,自然科学の基盤となる自然現象を法則で記述する学問です。ニュートン,マクスウェル,ボルツマン,アインシュタイン,シュレディンガー,ディラック,湯川秀樹,朝永振一郎達によって導出された少数の法則が,我々の生活を大きく変えて来ました。我々が何気なく使う,熱,エネルギー,電気,コンピュータ,カーナビ,携帯電話などはすべて物理学者達の寄与なくしては,存在しなかった,自由に使えなかったものです。

 岡山大学は日本の量子物理学の父,仁科芳雄博士の尽力によって創設された大学で,物理学科では,ニュートリノ物理,宇宙物理,超伝導物理,強相関物理,分子性物質の物理,放射光物理などの分野で,若手教員と大学院生とが協力し世界をリードする成果を発表しています。また高校生の物理チャレンジの開催校であり,学部,大学院で少人数クラスによる教育を推進し,国内外の研究施設や先端企業で卒業生が活躍しています。

 我々と一緒に岡山大学物理学科で物理学の未来を拓いてみませんか?

          平成30年4月 物理学科・学科長 野上 由夫


以下の「研究室紹介」のページには、岡山大学の物理学研究者の挑戦の記録が、分かりやすく紹介されています。 ぜひ、私たちに加わって、自然界の仕組みを解き明かして下さい。

 
 
 
 
 
物理学科長 野上 由夫
物理学科長 野上 由夫